英語の正しい発音を知ろう!


英会話の基本は「発音」です。日本語と英語には発音の違いがあります。ご自分で正しい英語発音ができなければ、相手のいうことも理解できないでしょう。

日本語の「母音」は「あ、い、う、え、お」の5つしかありません。一方英語の母音は、単母音だけでも13個あります。2重、3重母音も含めるとより数は増えます。
さらに「子音」にも日本語にないものが多くあります。これら英語の「母音」「子音」を口を動かして修得しましょう。
また「語尾に母音を加える」日本語特有の特徴があります。「t」で終わる単語を「ト」と発音することなどがその例です。

つづりと発音が異なることも英語の特徴です。英語には、phonics=つづりと発音の関係を教える教授法があります。英語は「単語のつづりと発音が一致しない言語」のひとつです。単語ひとつひとつの発音を知る必要がございます。
さらにアメリカ英語、英国英語、カナダ英語、オーストラリア英語など国別や地域によっても差違があります。TOEICのリスニングにはこれら地域性あることばもあらわれます。


English Pronunciation for Japanese Learner

まずは、英語の発音の仕方をしっかり体得しましょう。舌や唇の位置をビデオでわかりやすく、アメリカ英語と英国英語それぞれに分けて解説されているビデオを紹介します。甲南大学・国際言語文化センター・伊庭助教授の企画制作による「英語発音入門」です。
(上図をクリックします)

日本での英語教育では、残念ながら、発音の方法や訓練を充分におこなっていません。したがって、まずこの欠陥を自ら補う必要がございます。一通り「母音」「子音」の発音を修得され、個々の単語、お決まりのフレーズを聞き分けられる、声を出して話せるようにしましょう。
同時に、セナアカデミーの専門のネイティブ英語教師によりしっかり個人指導受けられることをお勧めします。彼らは生徒さまの個人の目標に合わせ個別の目標をたて、不適切な部分を修正し目標達成にあなたを手助けします。




PAGE TOP