5)IELTS対策/スピーキング攻略法

IELTS(アイエルツ)のスピーキング テストはネイティヴの講師と10〜15分間の会話をすることでが、出された質問に対して答えるというインタヴュー形式です。 大きく三段階に分かれます。

最初は名前や出身地などの基本的な情報です。そして、問題が徐々に複雑になって行き、例を挙げ、詳細まで述べることが期待されるのが第二段階です。 例えば、好きな動物や愛読した本などについてその理由が聞かれます。 第三段階はニュースや議論について自分の意見とその理由が聞かれます。

これら三つのタイプの質問を臨んで、事前に準備すれば有効的です。多くの受験者は第三段階が一番難しいと感じるかもしれません。 しかし、私たちを取り込むメディア環境およびそれが私たちのコミュニケーションにもたらす影響を理解すれば、その困難を克服することと繋がるでしょう。

子供と大人の語学勉強の最も大きな違いはその環境にあります。外国語の難しいところは構造の複雑さや私たちの記憶力の衰退にあるのではなく、むしろ私たちはひとつ固められた母国語という言語体系に頼ってしまうところです。
また、発話する行為は主体性を持って積極的な気持ちでなければならないのに、私たちはラジオやテレビ、読書も含めて、一方通行、受け身的なコミュニケーションに依頼しているので、言語による自己表現の能力が落ちてしまいます。
特に近年ではネットチャットが流行り、声を出して、生身の人間と話すことが少なくなり、イメージ、音声、映像が溢れるが、会話が少なくなっています。 ですから、外国語であるかどうかにもかかわらず、現代人の多くは対人コミュニケーションにストレスを感じています。 スピーキング テストの受験勉強において、一番大切なのはできるだけ人と実際に英語を使ってコミュニケーションをとることです。

実際、スピーキング試験の問題進行は私たちが初対面に人と会話する流れと全く一緒です。 話す内容は基本的なインフォメーションから、その人の考えを伺えるようなオピニオンを聞くところに進んでいきます。 しかし、スピーキング試験の楽さは立場が採点に影響を与えないことです。 意見が分かれて友達と喧嘩する可能性があるけれど、試験はあくまで語学能力を試しているので、プレッシャーを感じずに自由に自分の考えと理由を述べていて大丈夫です。

外国語を話すことの難しさは外国語を勉強したことがあるすべての人が共感することです。 使いたい単語を思い出せなかったり、言いたいことをうまくまとめられなかったりすることのフラストレーションはみんなが経験することです。と同時に、努力して、話せた瞬間の喜びと感動も忘れられません。
言葉を持たないままに生まれてきた私たちは、少しずつ覚えていく中で自由にひとつの言語を使えるようになったので、新しい言語を習得するノウハウは実に持っています。 ですから、恥ずかしさや悔しさなどに縛られず、ミスすることを勉強するチャンスに活かすことができれば、口頭表現の能力が必ず上がります。 セナーアカデミーの先生と一緒に頑張りましょう!

IELTS Speaking   IELTS




PAGE TOP