1)IELTS対策/攻略法概要

ロンドンオリンピックやウィリアム王子の結婚、キャサリン妃の出産から、イギリス脱EUの政治的変動まで、近年では、かつてないほどイギリス発のニュースが世間を騒がしています。 非EU圏の国際留学生は本土の学生、およびEU同盟国の学生より2倍も多く学費を負担しなければいけないのにもかかわらず、イギリス留学の熱は盛んです。

イギリス事情、留学、就職や移民に関心がある方はきっとIELTS(アイエルツ)という英語検定に聞き覚えあるでしょう。International English Language Testing System (IELTS:アイエルツ)とは1989年からケンブリッジ大学ESOL試験機構、ブリティッシュ・カウンシル、IDP Educationによって協同で運営されている英語検定のひとつです。

IELTSには、ジェネラル・トレーニング・モジュール(General Training Module)という一般的な生活や仕事レベルのテストと、アカデミック・モジュール(Academic Module)という大学などの高等教育機関へ進学するためのテストとの2種類があります。

また、イギリス本土のみならず、スコットランド、アイルランド、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランド、南アフリカ共和国などのコモンウェルス(Commonwealth)同盟国、アメリカ合衆国の3000以上の教育機関で受け入れられているため、TOEFLを圧倒する勢いで重要な英語検定として注目を集めています。

IELTS preparation  IELTS

特に、アカデミック・モジュールより難易度が低いジェネラル・モジュール・テストで5.0点以上(満点:9.0点)の成績がオーストラリア、ニュージーランド、カナダへの移民の必要条件となっているので、より広い範囲での英語教育に取り組んでいる姿勢がみられます。日本でのアイエルツ試験は2010年から日本英語検定協会によって運営されています。

語学検定に向けて準備する際に、よくあるのは真っ先に過去問に取り組む傾向ですが、IELTS(アイエルツ)に限らず、ほかの語学試験にも同じようにいえるのは、検定というのは語学の応用能力が試されるということです。一般的に、言語学や文学に関する問題がなくて、英語を使って口頭や文面においてのコミュニケーションができるかどうかという主旨で試験問題が作られています。このような心構えをもって、臨機応変にモデルとなる問題やその変形を試みた方が有効ではないでしょうか。

IELTS(アイエルツ)試験は二つのモジュールに共通する聴解(Listening)、読解(Reading)、作文(Writing)とスピーキング(Speaking)といった四部分に構成されます。TOEFLと異なる大きな違いは、まずペーパーベースで試験会場ごとに統一的に行われる点です。聴解、読解と作文は一日の中で終え、スピーキングは後日においてネイティブ・スピーカーの試験官と一対一の面接となります。進学先や就職先によって基準となる点数が異なりますが、基本的には6.0点以上の点数がアドバンスだとされるでしょう。それぞれの具体的な分析と攻略法は各コラムの記事にてご参照ください。




PAGE TOP